オープンビジネスモデル - ヘンリー チェスブロウ

チェスブロウ ヘンリー オープンビジネスモデル

Add: ikiwisa25 - Date: 2020-12-02 14:53:26 - Views: 5153 - Clicks: 1151

著者は、『オープンビジネスモデル』(翔泳社)『オープンイノベーション』(英治出版)で和書が出ている、ヘンリー・チェスブロウ。 前著2作はどちらからかいえば、学術書的な要素もあり文献としての重要性はありながらも、少し難解な部分も多い。. Teece, HBR, January-February 1996. Research, Practices, and Policies. See full list on blog. イーロン・マスク氏は、「テスラは、自動車メーカーであるだけでなく、エネルギー企業でもある。」と述べています。また、自動車メーカーとして「持続可能な輸送手段の普及」、エネルギー企業として「世界中のエネルギー利用方法を根本的に変えると同時に、エネルギーインフラを完全に変えること」をビジョンに掲げています。エネルギー企業としての3つの大きな事業の柱として、「パワーウォール」、「パワーパック」、「ギガファクトリー」が挙げられます。 1つ目のパワーウォールは、太陽光発電を利用した家庭用蓄電池です。2つ目のパワーパックは、工場、発電所、公共施設向けの蓄電池です。パワーウォールおよびパワーパックとも、停電などの緊急時のバックアップとしても活用できるものです。 最後のギガファクトリーは、ネバダ州に建設中のリチウムイオンバッテリー工場であり、テスラにリチウムイオンバッテリーを提供しているパートナーであるパナソニックとの共同出資による事業です。現時点において、ギガファクトリーは2年後の年に稼働し、年にはフル生産体制になると言われています。. 2回にわたり、テスラのビジネスモデルについて触れてきました。テスラのビジネスモデルの大きな特徴として、「モノを通じたサービスの提供」、「オープンイノベーションの推進」、「コア技術を通じた他市場への展開」が挙げられると思います。 自動運転システム「オートパイロット」の本格展開、量販モデルである「モデルS」の市場投入、リチウムイオンバッテリー工場「ギガファクトリー」の建設と、大きな事業が目白押しです。イーロン・マスク氏は、テスラだけでなく、宇宙船開発のスペースX のCEOも兼任し、太陽光発電システムのソーラーシティの会長として経営に参画しています。 イーロン・マスク氏の巨大な構想が大成功を収めるかどうかは現時点では分かりませんが、多くのメーカーが将来のビジネスモデルを検討していく上での良きサンプルとなるでしょう。.

オープンビジネスモデル 知財競争時代のイノベーション - ヘンリー・チェスブロウ/著 栗原潔/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。. (邦訳「年のパワー・コンセプト(下)」DHBR年6月号内「『サービスの科学』を拓く」)において、チェスブロウが提示したキーワードは「サービスの科学」であった。そこでは、GEやIBMが製造業からサービス・ビジネスモデルに転換するなか、サービス・イノベーションについての問題点を指摘し、サービスに対する研究が独立した学術分野になると予測した。 その後に出版したOpen Service Innovation,. オープン・イノベーションは、ヘンリー・チェスブロウによって提唱された概念で、「企業の内部と外部のアイディアを有機的に結合させ、価値を創造すること」であり、「内部でのイノベーションを加速し、またイノベーションの外部での活用を広げるために知識の流入と流出を自社の目的に向けて利用すること」と定義されている※1。似た概念として「コラボレーション(協業)」があるが、必ずしも知識の流入があるわけではなく、また、イノベーションを目的とするわけでもないという点で、オープン・イノベーションとは区別される※2。 チェスブロウは、従来型のイノベーションを「クローズド・イノベーション」と呼び、それとの対比においてオープン・イノベーションを特徴づけている。クローズド・イノベーションは、社内に優秀な人材を抱え、自前で発見・開発・商品化のプロセスを行い、市場化していくことを前提したアプローチであり、自前主義・垂直統合型のモデルであるといえる。対して、オープン・イノベーションは、企業が技術革新を続けるために、企業内部と外部の双方においてアイディアを採用し発展させ、商品化していくようなモデルとされる(図表1)。 オープン・イノベーションが重要となった背景には、ICTの急速な発展、グローバルな競争の激化、市場の不確実性の増大などが挙げられる※3。特に、開発スピードの迅速性が競争力の源泉となってきたなかで、インターネットなどによりさまざまな場所に点在するイノベーション知識に関する探索が容易になったことは、外部の知識を利用することの有効性を高めたと考えられる※4。 実際、オープン・イノベーションに関する注目は近年ますます高まってきている。経済産業省の「平成29年版科学技術白書」でも、オープン・イノベーションを推進することの必要性が提言されているし、平成27年2月には、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を事務局に小松製作所などの企業が参画してオープンイノベーション協議会も設立されている。同協議会が刊行する「オープンイノベーション白書」によれば、平成27年の調査において、オープン・イノベーションの取り組みが10年前と比べて活発化していると回答した上場企業は、回答195社のうち45. るため、自社ビジネスをオープンにすることが求められる。」(年) ・これらの定義は、個々の企業経営戦略の狭い視点のみから見たものである。 <図1>チェスブロウ博士のオープン・イノベーション概念図. の中で、このような自社開発の技術・製品 を既存取引先のみに販売する自前主義・垂直統合型のイノベーションモデルを、新たな概念とし.

HBRでは毎年、今後に注目されるキーワードを識者に聞いている。 “Toward a Science of Services,” in Breakthrough Ideas for, HBR, February. オープン・イノベーションとして捉えられる活動は幅広い。武石()は、外部のアイディアや技術を利用し製品化は自社で行うケース(P&Gなど)、どのような製品を作るかは自社で決めて必要な技術を外部に求めるケース(アップルなど)、R&D自体を外部化して製品化しそうなところで企業そのものを買収するケース(シスコシステムズなど)を、オープン・イノベーションを実践して成果を上げた事例として挙げている※5。 オープン・イノベーションの分類の仕方もさまざまである。社外から知識・アイディア・技術を導入・流入するタイプを「インバウンド型」、逆に社内から社外へ提供・流出するタイプを「アウトバウンド型」と呼ぶのは一般的であるが、真鍋・安本()は、それにオープン・イノベーションの戦略目的(価値創造か価値獲得か)を2軸目に加えた整理を行っている。「価値創造」とは優れた技術・商品を開発・製造することを目的とし、「価値獲得」はそれを経済的価値に結びつけることである(図表2)※6。 また、清水()は、「How(どのように)」と「What(何を)」という観点からオープン・イノベーションを区別した興味深い論考を行っている(図表3)※7。 まず、Howに関するオープン・イノベーションとは、技術の開発目標が決まっており、それをどのようにして達成するかをオープンにする、というものである。GEの3Dプリンティング・デザイン・クエスト(GEが年に実施した、取付具に関するオープン・イノベーション・コンテスト)の取り組みが代表的な成功例とされる。GEは、自社内の経営資源だけでは克服が難しい課題に対して、その解決(How)をオープンにし、その結果としてインドネシアの若いエンジニアからの優れた提案を受け取った。このようなHowに関するオープン化は、競争戦略の策定による課題の明確化を伴うために成功しやすく、日本における先進的な取り組み事例である大阪ガスの技術探索ネットワークもこのパターンであるとされる。 一方で、Whatに関するオープン・イノベーションは、自社の経営資源を公開して、新しく何ができるのかをオープンに募る、というものである。素材や技術の展示室を用意することなどが典型であり、始めるのが簡単なやり方であるため、日本企業はこのWhatのオープン化を進めることが多いとされる。しかし、そ. (邦訳「イノベーションのジレンマ」DHBR年4月号)が発表されていた。なお、チェスブロウがハーバード・ビジネススクールに採用された1997年には、クレイトン M. ヘンリー・チェスブロウはオープンイノベーションに対する概念として、1980年代から90年代にかけての自社の中だけで研究者を囲い込み研究開発を行う自前主義、垂直統合型のイノベーションモデルをクローズドイノベーションと名付けた 。このような研究. See full list on recruit-ms.

では、オープン・イノベーションを進める具体的なメリットは何であろうか。 そもそもイノベーションとは、新しい知識の組み合わせを作ること(新結合)であるとされる。その定義に立ち戻って考えると、社内に限らず社外の知識を取り入れることでイノベーションに対してプラスの効果があるのは、一見すると自明のように思える。 実際、さまざまな研究事例がオープン・イノベーションのプラスの効果を示してきた。イギリスの製造業を対象にした大規模調査の分析からは、社外も含めたオープンな探索戦略をとっている企業においてR&Dのパフォーマンスが良くなるという結果が見られているし※8、日本の製造業のR&Dプロジェクトを対象とした研究においても、オープン・イノベーションに取り組むことは自社内に閉じた場合と比べてイノベーションの速度を速めるという結果が報告されている※9。企業の研究開発部門を対象にした調査からは、オープン・イノベーションの方針は、特に基礎研究に対してプラスの効果を持つという結果が得られている※10。さらに、チームのイノベーションに関するメタアナリシスでも、外部とのコミュニケーションがイノベーションと強い相関を示すことが明らかになっている※11。 しかし、組織をオープンにしさえすれば多様な結合が生まれるのかといえば、それほど簡単ではない。オープン・イノベーションの推進に関する企業の課題として、経済産業省は、1)目的に対する理解、2)組織体制の構築、3)戦略策定・技術評価、4)提携先の探索、5)提携先との関係構築、の5つと整理している※12。実際、オープン・イノベーションを推進している企業は、予算や連携に関する意思決定のスピードなどの組織的なプロセスを阻害要因とする比率が相対的に高くなるという企業調査の結果もある※3。さらに学術的にもオープン・イノベーションに関わる組織的なプロセスに関するさまざまな困難が指摘されている。例えばチームやコラボレーションについての研究でも、オープンさや多様さが新たな知につながるためには、各自の判断の独立性や意見を集約するメカニズムの存在などのさまざまな条件が必要となることが指摘されているし※13、さらに、最近のメタアナリシスによって、協働するチームのなかの多様さは、パフォーマンスや創造性に対して一般に負の影響があることまでも明らかになっている※14。したがって. Chesbrough)は、現在61歳、カリフォルニア大学バークレイ校ハース・スクール・オブ・ビジネス(以下、バークレイ)の教授(Adjunct Professor)であり、同校のインスティチュート・フォー・ビジネス・イノベーションに所属する、ガーウッド・センター・フォー・コーポレート・イノベーションのファカルティ・ディレクターでもある。同センターでは、大企業のエグゼクティブ向けにオープン・イノベーション・セミナーなどを定期的に開催している。 オープン・イノベーションの伝道者となるまでのチェスブロウの人生には、共感することが多い。 チェスブロウは、1979年、イェール大学で経済学を専攻し、優秀な成績(summa cum laude)で卒業すると、大学院には進学せず、コンサルタント会社のベイン・アンド・カンパニーにアソシエイト・コンサルタントとして入社した。ただ、MBA保持者ではないチェスブロウの担当分野は、眼鏡、農薬、ナイロン原料産業であり、しかもコンサルタントとしては補助的作業が主であった。 1981年、MBAを取得するためにベインを退社し、スタンフォード大学ビジネススクールに入学した。1983年、同ビジネススクールを修了すると、コンピュータの記憶装置として脚光を浴びていたハード・ディスク・ドライブ(以下HDD)のベンチャー企業であった、クアンタムに入社し、1990年まで在籍した。チェスブロウは、同社では最終的にはマーケティング・事業開発担当ヴァイスプレジデントとなった。 1980年に設立されたクアンタムは、1979年に設立されたシーゲートと同様、IBMサンノゼ研究所やメモレックスなどの退職者によってミニコン用のHDDの開発・製造を目的に設立された。シーゲートが、8インチHDDに対する破壊的イノベーションである、5. Increased Number and.

(邦訳「ネットワーク・インキュベーション」DHBR 年12月号)では、ベンチャー企業の上場(IPO)後における独立系VCのサポートの限界を指摘し、IPO後も企業間のネットワーク機能を活かして、ベンチャー企業を継続的に支援して成功を導く「ネットワーク・インキュベーター」の重要性を述べている。 また、“Making Sense of Corporate Venture Capital,” HBRMarch. 知財競争時代のイノベーション Harvard business school press. (邦訳『オープン・サービス・イノベーション』阪急コミュケーションズ、年)は、オープン・イノベーションをサービス領域に適用する研究成果である。今日のグローバル競争の環境において、単に製品中心のイノベーションを行うだけでは持続的な競争優位は得られないことを前提とし、サービスでビジネスモデルを転換する必要性を主張した。 知識の存在がグローバル化する一方、競争環境が急速に変化する現代にあって、クローズド・イノベーション・システムにより、企業が単独で競争優位を獲得するのが困難な時代を迎えている。その状況を反映し、新たなイノベーションの創発システムとして「ビジネス・エコシステム」「オープン・イノベーション」、あるいは「産業コモンズ」といったイノベーションの協働システムが主張されるようになった。 チェスブロウは、クアンタムで体験したイノベーターのジレンマについて直接的に語ることはなかった。ただ、オープン・イノベーションという主張は、従来、経済的理由や技術が未熟であることを理由に切り捨てられたり、棚上げされたりする恐れのあった「破壊的イノベーション」の技術開発を、生き残らせる方策を導き出した。それはまさに、クアンタムでの体験から生まれた発想のように思える。. .

(邦訳『イノベーションのジレンマ』翔泳社、年)が出版された。 その当時、企業が事業環境の急速な変化に柔軟に対応できるように、組織内のほとんどの機能をアウトソーシングしてバーチャル組織化することが喧伝され、産業界では一般常識化していた。バーチャル組織とは、おのおの自由な事業体が集まって、協働で事業を行う場を形成し、そこでさまざまな事業活動を行う集合体である。組織がダウンサイジング化する一方、コントロールが困難なバーチャル組織での技術開発の方向性は、個々の思惑で定まらず、むしろ最初の顧客の反応を最大限に取り入れようして、結果的に開発は遅れる、という欠点が存在する。 たとえばHDDであれば、小型化と高記憶容量化の実現は、HDDを構成する磁気ヘッド、プラッタ(ディスク)、モーターなど、それぞれのイノベーシ. テスラの事業戦略の1つに、オープンイノベーションの推進にあります。 オープンイノベーションは、ハーバード・ビジネス・スクールのヘンリー・チェスブロウ氏によって提唱された新しいビジネスモデルのパターンとその概念です。 これは、イノベーションを起こすために、社内資源のみに頼るのではなく、サードパーティの組織の積極的な活用を推進していくことを指します。 オープンイノベーションが有効な手段として幅広く認識されるようになった背景には、競争環境の激化、イノベーションの不確実性、R&Dコストの高騰などが挙げられているようです。一方で、自前主義症候群(NIH: Not Invented Here)、つまりクローズドイノベーションに固執している企業も数多く存在しているのも事実です。オープンイノベーションを積極的に推進している企業の1つとして、P&Gによる「コネクト&デベロップ」プログラムが有名です。 オープンイノベーションには、さらに「アウトサイドイン」と「インサイドアウト」の2つのパターンに分類されます。アウトサイドインは、外部のアイディア、技術、知的財産を自社のプロダクトやプロセスに持ち込むことを意味します。インサイドアウトは、自社の技術や知的財産を外部にライセンス供与したり、売却したりすることを意味します。 テスラの場合、この2つのパターンの双方を積極的に取り入れています。前回ご説明しましたが、テスラは中核となる自動車のアセンブリは自社を中心に行っていますが、150以上の世界中のサプライヤーやパートナーから多くの新しい技術(光学電子ディスプレイ、ナビゲーションシステム、アースマップオーバーレイ、グラフィックプロセッサーなど)を採用しています。 一方で、テスラは特許をもつ独自の技術を秘匿するのではなく、積極的に他社に開放しています。具体的には、EV(電気自動車)の心臓部であるバッテリーパック技術を他の自動車メーカーにライセンス供与しています。これは、現時点ではニッチであるEV市場に対する参入障壁を低くし、市場を拡大させる狙いがあるようです。 テスラがもつこれらの独自技術は、もう1つの巨大な市場、エネルギー分野にも向けられています。次に、イーロン・マスク氏が狙うエネルギー事業に関する次なる構想を見ていくことにしましょう。. . 「オープン・サービス・イノベーション」は、「オープン・イノベーション」の第一人者であるヘンリー・チェスブロウが書いた書籍です。 献本を頂いたので、書評抜き読書メモを公開させて頂きます。 「オープン・イノベーション」という言葉は日本でも最近徐々に耳にする機会が増えてき. 講演の終わりにチェスブロウ教授は、インドのアーンドラ・プラデーシュ州にある人口わずか8,000人の村で行われたオープン・イノベーションの事例を紹介しました。 「モリと呼ばれるこの村は、州のなかでもとくに貧しく、主な収入源は農業とエビの養殖ですがどちらも芳しくありません。とくにエビの養殖は養殖池の水質が悪化すると商品が台無しになります。 そこでプロジェクトチームが立ち上がり、採算の取れる事業としてこの問題に取り組める企業を募ってオープン・イノベーションが始まりました。政府援助や慈善事業は継続性がないからです。 現地企業と海外企業合わせて40社ほどが参加し、寒村再生のビジネスモデルを共創しました。村にネット環境を構築するとともに、養殖池に水質センサーを設置し、水を入れ替えるなどにより水質を維持することで、最終的に養殖の利益率を高めることに成功しました。この事業はその後、他の300ほどの村に拡大展開されています」。 ここで言葉を切って、教授は講演をこう結びました。 「オープン・イノベーションとは何か?その答えを求めるとき、さまざまな方法論を耳にするかもしれません。しかし実際にはオープン・イノベーションとは、自分の世界だけでなく外の世界とも積極的に関わっていこうとするマインドセットにほかならないのです」。 富士通フォーラムで行われたセッションには、富士通の未来ビジョン発信を担当しているマーケティング戦略本部 VPの高重吉邦も登壇し、オープン・イノベーションに対するアプローチを紹介。さらにヘンリー・チェスブロウ教授との対談を通じてテーマを掘り下げました。 レポートの全文は、以下サイトよりご覧いただけます。. オープンビジネスモデル 知財競争時代のイノベーション - ヘンリー・w.

Open innovation: The new imperative for creating and オープンビジネスモデル - ヘンリー チェスブロウ profiting from technology. 大前恵一朗訳, 産業能率大学出版部). ヘンリー・チェスブロウ | 年11月19日頃発売 | 仲介者という新たなプレイヤー企業にとってのイノベーションの重要性は敢えていうまでもない。今日、特に重要になっているのは「オープン・イノベーション」である。 これは、企業が社外のアイデアやテクノロジーを有効に活用する一方で. 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オープン・サービス・イノベーション ヘンリー・w.チェスブロウ ヘンリー・チェスブロウ「オープン・サービス・イノベーション 生活者視点から、成長と競争力のあるビジネスを創造する」 博報堂大学 ヒューマンセンタード・オープン. ハーバードビジネス・スクールの教授、ヘンリー・チェスブロウに、"Open Innovation"という著書がある。ものすごく粗くいうと、組織は、アイデアを自社内に留めないで積極的に開示すべし、また、他組織のアイデアも積極的に取り込むべし、ということである。. (邦訳『オープンビジネスモデル』翔泳社、年)を出版した。 イノベーションは、研究開発プロセスを組織内に囲い、コントロールしなければ生まれない。しかし、イノベーションを生み出す可能性を持つどんな斬新なアイデアも、企業の経済的や財務的な理由や、あるいは「イノベーターのジレンマ」による判断で棚上げされたり、中止されたりする恐れがある。開発者には、危険な「魔の川(Devil River)」や「死の谷(Valley of Death)」を越えることが求められていた。 オープン・イノベーションには、アイデアや知識が外部から流れ込み、新製品や新たなビジネスモデルを創造する流れと、企業内部からあふれ出て、外部の知識や資金を得て新たな価値を生み出す、2つの流れがある。チェスブロウは、 “How Open Innovation Can Help You Cope in Lean Times,” HBR, December. オープン・サービス・イノベーション ヘンリー・チェスブロウ著 開放的な事業モデルへの転換説く 実務に影響力を持つ経営学者でヘンリーと言えば最近までヘンリー・ミンツバーグだった。.

(未訳)である。書籍として、Open Innovation,. See full list on dhbr. (邦訳「事業会社のベンチャー投資戦略」DHBR年8月号)では、その問題意識として、CVCの投資が景気動向によって著しく変動し、ベンチャー企業の創業を阻害することになっていることを指摘した。 CVCの投資が継続的でない理由は、ベンチャー企業に対する投資目的が、戦略的に自社の開発能力の補完なのか、先行投資なのか、新規事業の探索なのか、財務的に収益を目的としているのかが曖昧であることが問題であり、投資目的を明確にすることが重要であると主張した。. 16 154 県立広島大学経営情報学部論集 第 4 号 イフサイクルが短縮化した世界においてもイノベーションは経済的に魅力ある存在である。.

19刊 ハーバード大教授である著者が、イノベーションのオープン化をビジネスモデルのレベルで論じています。 目次 第1章 なぜビジネスモデルのオープン化が必要なのか チェスブロウ教授の2冊目の著書、『オープンビジネスモデル』(ハーバードビジネススクール出版、 年)は、彼のイノベーション分析をビジネスモデル、知的財産管理やイノベーションマーケットにまで拡大したものである。. チェスブロウの問題意識は、イノベーションこそが競争優位の源泉であり、企業はいかにイノベーションを実現するか、そして、イノベーションを阻害する産業界の一般常識や意識を変えることにあった。 『Harvard Business Review(ハーバード・ビジネス・レビュー)』(以下HBR)誌に掲載されたチェスブロウの最初の論文は、監修者であったデビッド J. 25 インチHDDの開発・製造が目的であったのに対して、クアンタムは、当時主流であった8インチHDDを、独自のサーボ技術という持続的イノベーションによって低価格化を実現することを目的としていた。 クアンタムは、シーゲートと互換性のある5. (邦訳『OPEN INNOVATION』産業能率大学出版部、年)を出版した。 同年、チェスブロウはバークレイに准教授(Adjunct Professor)として迎えられ、年に正教授(Full Adjunct Professor)となった。オープン・イノベーションの環境において、企業はどのようにそれを活用して、その真価を発揮させるために何をすべきか。特に知的財産権の活用について検討し、Open Business Models,. 『オープンビジネスモデル』 ヘンリー・チェスブロウ 翔泳社. オープン・サービス・イノベーション ヘンリー・チェスブロウ著 開放的な事業モデルへの転換説く /12/25付.

See full list on nomad-journal. オープンビジネスモデル~知財競争時代のイノベーション (Harvard Business School Press) ヘンリー・チェスブロウ, Henry Chesbrough 他 | /11/20 5つ星のうち4. ヘンリー・チェスブロウ,Henry Chesbrough『オープンビジネスモデル~知財競争時代のイノベーション』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約8件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理する.

オープンビジネスモデル - ヘンリー チェスブロウ

email: jovyqi@gmail.com - phone:(531) 783-4803 x 8461

古本屋の蘊蓄 - 高橋輝次 - 荒井裕子 夕焼け色の落書きノート

-> 一角獣復活 - 横溝美晶
-> ショップ イメージ グラフィックス イン パリ

オープンビジネスモデル - ヘンリー チェスブロウ - 高校入試模擬テスト


Sitemap 1

国語科教育におけるメディア・リテラシー教育の研究 マルチモーダル・テクストの活用を中心に - 羽田潤 - 鬼哭の童女 異聞大江山鬼退治 麻貴早人